楽天モバイルの HUAWEI E5577というポケットWi-Fiはいい?

私は現在自宅外でタブレットPCをネット接続するために楽天モバイルの HUAWEI E5577というポケットWi-Fiを利用しています。楽天モバイルを選んだ理由や実際に使ってみて感じた良い点や悪い点などをレビューしていきます。

楽天モバイルを選んだ理由

以前まではスマホのテザリングを利用してタブレットPCを自宅外でWi-Fi接続していたのですが、スマホのバッテリーを多く消費してしまいますし、思った以上に通信量も消費するので別途ポケットWi-Fiを持つことに決めました。できるだけ安価な料金で持ちたいと考えていろいろ調べた結果、格安SIMであれば安く利用できると知り、格安SIMでの利用を検討し始めました。

格安SIMの中でも楽天モバイルを選んだのは私自身が日頃から楽天のサービスを良く利用していたので馴染みがあったこと、月額1,000円程度の通信量で利用できること、そしてポケットWi-Fi端末がセットで購入できることが決め手になりました。
また人気のない格安SIMはサービスを修了したり、会社が潰れたりしていますが、楽天モバイルはシェアもトップクラスということでしたし、第4のキャリアとしてモバイルサービスへの参入が決まっていたので潰れる心配がなく、安心して利用できそうだと感じたのも大きな決め手になりました。

端末とプラン

端末は HUAWEI E5577というポケットWi-Fiをセットで一括で購入しました。価格はおよそ1万円程度です。プランはデータSIMの3.1GBプランを契約し、毎月の支払料金はおよそ1,000円程度で運用しています。

通信速度

格安SIMはキャリアのポケットWi-Fiと比較して通信速度が遅いと言われることが多いですが、実際に使ってみたところ、お昼の12時から13時頃の時間帯に使うと確かに速度が遅くイライラする事が多いです。アプリで速度を計測した見たところ、1Mbps前後の速度しか出ていないので、ブラウジングにも時間がかかります。
それ以外の時間帯では私の環境では平均して8Mbps前後の速度が出ます。この速度であればブラウジングは問題ありませんし、You Tubeなどの動画視聴も特にストレス無くできます。

端末について

セットで購入した HUAWEI E5577という端末ですが、本体価格がおよそ1万円ということを考えるとコスト・パフォーマンスが高い端末のように思えます。本体はコンパクトですし、バッテリーの持ちも問題ありません。さらにモバイルバッテリーとしても利用できるのでスマホの電池が少なくなってきたときなどに HUAWEI E5577を持っていると安心できます。
ただし、電源を入れてからの立ち上がりやタブレットPCがネット接続でいるようになるまで数十秒程度の時間がかかるのでもう少し速く立ち上がると良いなと感じています。

楽天モバイルについて

契約の手続きに関しても契約後のサポートなどについても特に問題はありません。また個人的に良いなと感じたのが毎月の支払いに楽天スーパーポイントが利用できる点です。期間限定ポイントを無理なく・無駄なく利用できますし。度々コンビニで行われている10,001円以上のバリアブルカードを購入するとボーナスポイントが貰えるキャンペーン等を利用して非常にお得に支払いができています。

総評

通信速度に関してこそ若干の不満がありますが、それ以外の点については概ね満足しています。毎月1,000円程度の料金で運用できているのでコスト・パフォーマンスは圧倒的ですし、契約の縛りもない点も気に入っています。
また HUAWEI E5577はSIMフリー端末ということなので、まだ試したことはありませんが、海外へ行く際には HUAWEI E5577に渡航先のプリペイドSIMを入れて使ったみたいと考えています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク