家でも外でもインターネットが使えるWiMAXの基礎知識

一言で簡単に言ってしまえばWiMAXとは持ち運びができる無線のインターネットです。
携帯電話がどこでも(電波が届けば)インターネットに接続できるように、電波さえ
届いていればルーターが各種端末機器をインターネットに接続してくれます。
各種端末機器とはタブレットやパソコン等です。
ただ携帯電話とは違い通話することはできないのでインターネット通信専用のサービスになります。
技術はどんどん進歩していて通信速度も上がってきています。
ただ完全に無制限ではありません。通信料が一定量を超えると一定期間通信速度が遅くなります。
動画再生ぐらいは無難にできますのでストレスを感じることはほとんどありません。

ポケットWi-Fiとは?

こちらも一言で簡単に言ってしまえば手軽に持ち運べるルーターです。と言いますか呼び方の違い(商標登録の都合など)
だけで本質的には同じものです。
ポケットに収まるサイズの機器を持ち運ぶことでどこでも(電波が届いていれば)インターネットに
Wi-Fi接続できるので<ポケットWi-Fi>と呼ばれるようになりました。
モバイルルーターとも呼ばれたりしますが同じものです。
こちらも通信可能エリアは年々広がってきていますので、エリアについても不便を感じることはあまりないかと思います。
エリアについては契約の際にトラブルを避けるためにも確認しておいた方がよいかと思います。

利用してわかったメリットやデメリット

どう考えてもこれにつきます。どこでもインターネットが使えることです。
パソコン等を外で使いたい時は意外と多いと思います。
最近ではカフェ等でもWi-Fiが増えてきていますが、まだまだ完全ではありません。
あてにしていたのにインターネット接続できないと困ってしまいます。
そんな時ポケットWi-Fiを持っていればどこでもインターネットに接続ができます。

私は臆病なので誰でも接続できるWi-Fi回線は安全面であまり使いたいと思わないです。
ただ単に詳しくないから不安と言えばそれまでで、実際になにかセキュリティー的に問題があった
わけではないのですが、ただ漠然と大丈夫なのかと不安なだけです。
自分のポケットWi-Fiを持っていれば他人は接続することはできないので何か問題が起こることはありません。
またカフェでパソコン作業をすることに抵抗がある方なので、集中できなかったりもします。
なので私は車の中等でノートパソコンにポケットWi-Fiのスタイルで作業をしています。
あとこれは非常に個人的な使い方ですが、携帯電話のプランを通信量の一番少ない最も安いプランを使っています。
外出先でパソコンをインターネットに接続することが一番の目的だったのですが、スマホとパソコンを同時に使う
ことはほとんどありません。なのでスマホを使う際には常にポケットWi-Fiで通信しています。
なのでスマホ自体の通信量を消費することはほとんどありません。

デメリット

当然ですが機器を契約することになるので費用が毎月発生します。
費用については各社様々になっています。
キャンペーン等で安くなる期間などがありますが、2000円~4500円あたりが相場です。
次に速度についてですが、どこまで行っても有線接続にはかないません。
当然といえば当然の話です。
遅いとは言っても使い方にもよりますがストレスを感じることはほとんどありません。
通信量を使いすぎて制限がかかっている時でも動画再生ぐらいは普通にできます。
さすがにオンラインのアクションゲームになるとちょっときついかもしれません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク